クレジットカードの審査に通る3つのポイント

Posted by

返済能力があることは最低条件

クレジットカードの審査で最も重要となるのが働いていて安定収入があることです。銀行からの借金ならば定期預金を担保とすることでお金が借りられることがありますが、クレジットカードを運営しているのは信販会社なので、いくらたくさんの貯金があっても収入がなければ難しいです。逆に、アルバイトやパートでも働いていて収入があるならば「ノーマルカード」や「クラシックカード」などの審査に通る可能性は十分にあります。職を転々としている人はまたすぐに辞めてしまう恐れがあるので、勤続年数が1年以上はあることが好ましいです。

クレジットヒストリーが重要になる?

クレジットカードの審査では、クレジットヒストリーが見られます。具体的には、過去のクレジットカードやローン、携帯料金などの支払いで延滞をしていないかということを見られます。延滞をせずに良好なクレジットヒストリーを築けているならば、審査で有利になります。逆に延滞をしている人は、延滞癖があると見られてしまって不利になります。過去にクレジットカードを一度も利用したことがない人は信用情報が真っ白な状態ですが、延滞をしている人よりはマシなので、審査に通る可能性は十分にあります。延滞をしていても1回や2回ならば大目に見てもらえる可能性もあります。

それ以外にも様々な項目が見られている

クレジットカードの審査では、年収、勤務形態、勤続年数、クレジットヒストリー以外にも様々なポイントが見られています。例えば、居住形態が影響することもあります。居住形態では賃貸に住んでいる人は不利になります。マイホームに住んでいる人は、住宅ローンの支払いがあるので不利と感じるかもしれませんが、賃貸よりは有利になります。住宅ローンの支払いは賃貸料金とそう大きく差があるわけではありませんし、引越しをして連絡がつかなくなるという心配がないので信用があります。住宅ローンを完済済みの完全な持ち家に住んでいる人は最も有利になります。しかし、審査では総合的な評価がされるので賃貸に住んでいる人でも他に問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

決済代行の会社を選ぶ時は、会社の信頼性も重視しましょう。大切なお金を一時的とはいえ預けるので、会社が倒産してしまうとお金が回収できなくなることもあります。