知ってる人はみんなやってる!?信用取引の裏技

Posted by

信用取引ってどんなものなの?

金融情報に接する機会があると、たまに耳にする信用取引という言葉。詳しく調べたことがない人ではなかなかその実態を掴むことは難しいですが、簡単に言えば、証券会社から資金や株式を借りて行う株取引のことです。その運用については、金利や返済期限などの細かい取り決めがあり、利益が大きく出る反面で損失も拡大しやすいため、「怖い!難しい!」といった印象を持たれることが多いようです。しかし、上手く利用すれば普段金融相場に接しない人でもかなりお得な面がある取引だと言えます。

まず、どんな取引なのかを把握しておこう!

お得な裏技について知る前に、まずは簡単に信用取引の特徴について把握しておきましょう。信用取引は、証券会社の専用の口座に入金する委託証拠金をもとに約3倍の規模の資金や株を借りることができます。借りた資金で株を買うことを「空買い」、借りた株を売却することを「空売り」と呼びます。本来株の現物取引では買うことからでしか始められませんが、信用取引を行えば、売りから取引をスタートさせることが可能になります。これが信用取引の大きな利点です。

信用取引の仕組みを使って、上手く株主優待をゲット!

この空売りを利用して、巷で人気の「株主優待」がタダで手に入ると言われたら、どう思うでしょうか?「そんな詐欺には引っかからないよ」といぶかしむかもしれませんが、これはれっきとした信用取引の仕組みを応用した正当な取引によるものなので心配ありません。やり方は簡単。株主優待が欲しい銘柄を現物買いして、同じ価格で同時に空売りしておくのです。優待受け取りの権利落ち日をまたいで双方を同額で決済すれば、株価がいくら変動しようとも、全く損を出さずに株主優待の権利だけ得られるという仕組みです。手数料や金利はかかるため、完全に無料というわけにはいきませんが、権利落ちで必ず下落する株価による損失を全く考慮せずに株主優待を受けることができるため、この裏技を狙って信用取引を始める人がいるほどです。

信用取引とは持っているお金以上の取引が出来るサービスで、株価下落時にも利益を出せるサービスで、株主優待を手軽に受けることが出来ます。