意外と知らない!?火災保険の補償内容と料金

Posted by

火災保険について知る

新たに住宅やオフィスを建築した際、多くの場合で火災保険へ加入することになります。しかし中には保険の必要性が感じられず、場合によっては加入したくないと考える人も少なくありません。そういった時に備えて火災保険について知っておくことで、自身が加入するかどうかの判断材料とすることが可能です。火災保険は名前に火災とついていますが、実際は家に関する様々な損害の保障を行ってくれます。その内容は契約内容や料金によって大きく変わります。

火災保険で受けられる補償

火災保険の補償内容は、まずその名にある通り住宅火災や落雷、台風などの風災までカバーしてくれます。しかし数多くの補償を受けるためには特約や契約内容を充実させる必要があり、例えば地震を起因とする火災は火災保険の補償対象外となることがほとんどです。また特約を付けたとしても、床下浸水では補償が受けられないなどの細かい条件などもあるため、契約時にしっかり確認しておいたり、場合によっては特約の付与や複数口の契約を検討するのも一つの手です。

火災保険の料金について

火災保険の料金は、他の保険と同じく補償内容が充実していくことで、それに比例して上がっていきます。支払い方法は年払いや月払いの他、10年分を一括で支払うこともでき、長期前払を行うことで保険料の割引を受けることも可能です。更に同じ補償内容であっても保険会社毎に支払う保険料が違うこともあるため、複数社で見積もりを行うことも重要です。このように火災保険の補償内容や支払保険料に関して、知っておきたいポイントは色々なものがあります。自身が損をしないためにも、契約前にしっかり学んでおくことをお勧めします。

火災保険へ加入することで、火災に対する充実した補償が期待できるため、万が一への備えとして大変有効です。