いくつになっても人は何にでも挑戦出来るんだ!

Posted by

もう年だし、今から大学院になんて・・

もう年だから、子育てをしているから、ほぼ毎日大学に通う時間は取れないなど、色々な理由で大学院を卒業しないと取れない資格などを諦めてはいませんか?大学は出たけど、まだ勉強したい。でも家事に育児に追われ時間が取れない、仕事で時間が取れないなどと、悩んでいる方にもオススメの情報があるんです。実は、大学院を通信制で通い、学ぶ事が出来るシステムがあるんです!通常なら学校に通わなければならないところを、通信制にする事により誰でももう一度勉強に挑戦する事が出来るだなんて夢のような話ですよね!

若者から老人までみんな同学年!

通信制の「大学院」に入学するには、まず大学を卒業しているのが大前提です。しかし中には、色々な功績や実力や社会貢献、または専門学校など、大学卒業レベルと認可されれば大学を出ていなくてもその条件をクリア出来る人も居ますが、後者はなかなか認可されずらいというのが現実です。また、大学院とは別に、通信制の大学なども徐々に出てきているので、そこでまずは単位や大学院に向けての勉強を積んでから院に挑むのも、一つの手段です。大学卒業・大学卒業同等資格が認められた後は、もちろん試験があります。面接や筆記など自分の受験したい学科のテストを受け、合格すれば見事院生として夢に迎えます。この二つさえクリアすれば、何歳になっても勉強が出来、仕事をしながらでも資格に向けた勉強を受けられ、さらには院卒業の経歴も残せるので、いいとこ尽くしです。

どんな勉強方法なの?どんな学生生活?

通常の大学なら、自分でカリキュラムを組みますが、それでも週に3・4日ほど通学する学生が多いと思います。研究者ならばほぼ毎日になるでしょう。しかし、通信制の大学はインターネットが復旧している現代の特徴を利用し、WEBから授業の動画を見て勉強したり、ラジオを聞いて勉強したり、中にはテレビに大学専用の放送チャンネルがあり、それを見て勉強する形になります。通学する事ももちろん可能で、各地にキャンパスがあり、自分が決めたキャンパスに先生が来校し、それに合わせて受講の予約を取れば対面授業も出来ます。テストももちろんあり、テスト期間中は必ずキャンパスに行かなければなりませんが、その他は自身の予定に合わせられるので大変便利です。中には研究・対面授業が必須科目としている学部もあるので、自身の入りたい大学院の学部の取得科目などもチェックするといいですね。そのような事から、何歳になっても勉強というのは「生涯学習」であり、時間が取れない人も自分のペースで目標を目指せる事から、ネットが復旧したおかげで「大学院」は今ではそれほど遠い存在ではないという事が感じられ、より学習者が増える事が期待できますね。

通信制大学院では、社会人向けのカリキュラムが充実しており、仕事や家事の空き時間を利用しながら研究を行うことが出来ます。

通信大学の学費はこちらから
続きを読む